×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミネラル豆乳ダイエットのやり方や効果

ミネラル豆乳ダイエットとは? そのやり方とは?


ミネラル豆乳ダイエットのやり方・方法をここではカンタンに見て
いきたいと思います。その内容とは、大豆たんぱくとサポニンと水
溶性食物繊維を主に使用することにより、ダイエットエクササイズ
を成功させていこうというものです。

これらの食品類を選ぶ理由は、皆様方でもうお分かりの方も多いか
と思いますが、“消化酵素”が豊富に含有されているものを主に体
内に摂取していこうというものです。消化酵素の働きとは、それが
多く含まれている食品を摂ることにより、たんぱく質に、それに糖
質、脂質を、胃が休んでいる間でも、しっかり事前に消化してくれ
るので、内臓の負担を最小限に抑えながら、体内に摂り込まれた各
食品類を細かく分解して、それらを血液中に吸収させるようにして
くれます。

そのため、消化に使う酵素 (消化酵素)を最小限に抑えてくれるの
で、その分、体内で使われる他の酵素の機能が損なわれずに済むこ
とになります。つかり酵素の無駄使いを減らそうという発想です。 

六大栄養素を構成するものとしては、たんぱく質・脂質・糖質、こ
れにミネラル類・ビタミン類・食物繊維の6つとなりますが、ミネ
ラル豆乳ダイエットの核心とは、前者3つの栄養素を体内に吸収・
分解してくれる作用を果たす機能のある後3者の取り合わせにより、
消化酵素の無駄使いを減らすやり方です。ただ、酵素は48℃の熱で
破壊されるように、加工されたモノ、市販されたものはその対象外
となります。生野菜には消化酵素が段違いに豊富に含まれています
が、野菜ジュースにしても熱処理されているので、酵素に限っては
その摂取は難しいといえます。

野菜、特に生野菜を摂ることは非常に重要ですが、もっとも大切な
のが、卵や牛乳、納豆に豆腐などの大豆食品、お魚、肉類に含まれ
ているたんぱく質です。たんぱく質とは我々人間をはじめとする動
物のひとつひとつの構成器官の要素であり、そもそも酵素自体もた
んぱく質から構成されています。通常、お魚に肉類、牛乳などの動
物性食品に消化酵素の働きにとって必須のたんぱく質が含有されて
います。豆腐に冷ややっこ、納豆などの植物性食品では足りないと
されています。


ミネラル豆乳ダイエットの効果とは?


上述しましたように、たんぱく質の摂取と一概に言っても通常、お
魚に肉類、牛乳などの動物性食品に消化酵素の働きにとって必須の
たんぱく質が含有されています。豆腐に冷ややっこ、納豆などの植
物性食品では足りないとされています。

そして、動物性食品の長所によって植物性食品の短所を補なえば、
いいわけですから、ここで“豆乳”の出番となるわけです。もちろ
んミネラル豆乳ダイエットが唱えている、この豆乳に限らず、豆腐
を食べるときにはお魚をしっかり摂る・・・という具合に食べ合わせ次
第では相補うことは難しくありません。ここではその方法の簡易性
に重点が置かれているということが言えるでしょう。

ちなみに 「ミネラル」 とはカルシウムや、必須アミノ酸の含有成
分のことですが、カルシウムは当然として、必須アミノ酸はそのう
ち9つの要素が非常に大切になってきまして、これらは全てたんぱ
く質の動物性食品に含まれています。

このように、以上で述べてきたことを基本原則に、あとは 「食べ合
わせダイエット」 などでも知られていますように各食品の食べあわ
せ、煮る・蒸すといった調理法・・・ などに基礎的な事柄に注意すれ
ば、「食べる」 ことに関するエクササイズダイエットには成功した
ようなものです。

食べ合わせの一例として、お肉はもも肉や赤身を使い、そこにお肉
のたんぱく質を分解してくれるマイタケを使用、牛乳とお味噌でソ
ース代わりの濃く出しシチューを作ることができます。

他に、豆乳を使ったオムレツを作り、中身も玉ねぎとマッシュルー
ムでカサ増しができます。